【書籍紹介】「夢をかなえるゾウ」は「夢をかなえてくれるゾウ」じゃなくて「夢の叶え方を教えてくれるゾウ」だった!!!

ビジネス書・自己啓発

どうも~フィリップです。

皆さん、「夢をかなえるゾウ」って本を知っていますか?

2007年8月に刊行された、水野敬也さんの著書。

かなり有名な書籍でドラマ化や舞台化もされている一冊なので、実際に読んだ方も多いでしょうし、読んだことはないけど名前は知っているという方もいると思います。

今から13年前に書かれたベストセラー本なのに今更紹介するの?

その通り。
今更紹介します。

なぜなら、

「どんなに有名な本でも読んだことのある人より、読んだことのない人のほうが多いから」

です。

フィリップ
フィリップ

こんなにいい本を読んだことない人が大勢いるのが勿体ない!!
めっちゃ面白いのに!!!

本当にそう思ってるだけ。
自分がいいと思っている本を、いっぱいの人に知ってもらいたいし、僕自身が伝えたいから、だから「夢をかなえるゾウ」を紹介します^^

著者:水野敬也氏

  • 名前
    水野敬也(みずのけいや)
  • 生年月日
    1976年11月26日生まれ(43歳)
  • 職業
    小説家、コラムニスト、脚本家など
  • 著書
    「うける技術」「夢を叶えるゾウ」(1~4)「LOVE理論」「スパルタ婚活塾」「人生はニャンとかなる!」など多数

このオフィシャルブログがめちゃくちゃ面白い!!

ブログを読むだけでも水野先生の人を引き付ける圧倒的な文才を感じることが出来るので、まずこの記事の前に先生のブログを読んでみてください!!!

本の概要

水野先生のブログは読みましたか?

・・・
・・・・

はい、OKです。じゃあ続きをどうぞ。

この本の概要は、

ごく平凡なサラリーマンが「神様」を名乗る謎の生物・ガネーシャの指南によって自らの人生を変えていく物語。

Wikipedia

ガネーシャ=人間の身体にゾウの顔を持った4本腕の神様

つまり「夢をかなえるゾウ」とはこのガネーシャのことなんです。

あらすじ

主人公はどこにでもいる普通のサラリーマン。彼はこれまでにも自己啓発の本を読んだり、自らを変えようとしていたが、三日坊主の性格が災いして失敗し続けてきた。そして、会社の先輩の友人・カワシマ(実際には名刺交換しただけ)が開いたパーティーに出席した彼は、そこで有名人やアイドルの友達が談笑しているのを目の当たりにし、自分の住んでいる世界との差を痛感する。その夜、彼は泥酔したままインド旅行で買った置き物に「人生を変えたい」と泣き叫ぶと、次の朝、枕元に関西弁を話す謎の生物が。それは置き物から化けて出てきた神様・ガネーシャであった。主人公はガネーシャに振り回されながらも、夢を成すためにガネーシャの課題を行うことになる。

Wikipedia

突然成功したいと願う主人公の前に現れたガネーシャが、次々と主人公に課題を与えながら主人公が変わっていく姿が書かれています。

で、このガネーシャがコッテコテの関西弁で喋ります。

物語は基本的に主人公のサラリーマンと関西弁の神様ガネーシャ、この2人の掛け合いという形で進んでいくのですが、この2人のやりとりがめちゃくちゃコミカル。

まるで漫才を見ているかのような感覚ですらすら話が入ってくるので、あっという間に読み切ってしまいました^^

ガネーシャからの課題

この本には著者から使い方が明記されています。

それは、「主人公と一緒に読者もガネーシャから出される課題を毎日1つずつ実行していく」こと。

そしてその課題は必ず「1日」で実行できるものになっています。

これが本書の正しい使い方だと。

残念ながら、僕自身完全には実行できていませんが、この課題を知っているのか知らないのか、それだけでも大きく人生観が変わってきます。

では早速24の課題を紹介します。

  1. 靴を磨く
  2. コンビニでお釣りを募金する
  3. 食事を腹八分目に抑える
  4. 人が欲しがっているものを先取りする
  5. 会った人を笑わせる
  6. トイレ掃除をする
  7. まっすぐ帰宅する
  8. その日頑張れた自分を褒める
  9. 1日何かを辞めてみる
  10. 決めたことを続けるための環境を作る
  11. 毎朝、全身鏡を見て身なりを整える
  12. 自分が一番得意なことを人に聞く
  13. 自分の苦手なことを人に聞く
  14. 夢を楽しく想像する
  15. 運が良いと口に出して言う
  16. ただでもらう
  17. 明日の準備をする
  18. 身近にいる1番大事な人を喜ばせる
  19. 誰か1人の良いところを見つけて褒める
  20. 人の長所を盗む
  21. 求人情報を見る
  22. お参りに行く
  23. 人気店に入り、人気の理由を観察する
  24. プレゼントをして驚かせる

ぱっと見で分からないところもあるでしょうが、どれも難しくはなさそうですよね?
出来るところから、一つずつ課題に取り組んでみませんか?

ちなみに僕は、
1,6,8,11,15,17,18,20,21
の課題はほぼ毎日取り組んでいます。

それ以外は出来るときにできるだけって感じですかね (;^ω^)

ガネーシャから最後の課題

24の課題をこなした主人公は、ガネーシャから最後の課題を与えられます。



最後の課題を与えたガネーシャの願いは

「最後の課題を必ず実行に移すこと」

です。

では最後の課題を紹介します。

  1. やらずに後悔していることを今日から始める
  2. サービスとして夢を語る
  3. 人の成功をサポートする
  4. 応募する
  5. 毎日感謝する

これが最後の課題です。

どうですか?


やらずに後悔していること、一つはありませんか?
あなたの夢は誰かのためになりませんか?
今あなたの周りに、あなたが助けることのできる人はいませんか?
少しでも可能性を感じることをハナから諦めてませんか?
他人が与えてくれたことに感謝できていますか?

最後に

この本はフィクションであって、フィクションじゃない。

夢をかなえるゾウなんて実在はしません。
なんなら、夢をかなえるゾウは決して夢を叶えてはくれません。

夢をかなえるゾウがしてくれるのは、

「私たちに夢の叶え方を教えてくれる」

それだけです。


「夢をかなえるゾウ」の存在はフィクションです。
しかし「夢をかなえるゾウ」が言った言葉、与える課題はすべてノンフィクションです。すべて現実。


この本の主人公にとってガネーシャは「夢をかなえるゾウ」ですが、現実世界を生きる私たちにとってのガネーシャは水野敬也先生です。



本書もとい水野先生は、ガネーシャの姿になって僕たちに夢の叶え方を教えてくれていたんです。

この課題をこなすのか、何もやらないのか。それは個人の自由です。

誰も強制なんてできないから。

ちなみに僕の夢は、

「ブログで食っていくこと」

です!


いい年してブログを始めたばかりのアラサーが、恥ずかしながらも夢を語ってみました(笑)

笑われたりバカにされたりもするだろうけど、そんなこと気にしていても始まらないということで。

あなたも一緒に夢を叶えるために行動してみませんか?^^

 ブログ村ランキング参加中!
PUSHしてくれると喜びます(^^♪
 にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
note/blogまとめブログ【文書遊戯】に参加しております。
こちらのサイトも是非ご覧ください。
オンラインサロン『遊び人ギルド』メンバーのnoteとブログのまとめ - オンラインサロンメンバー『文書遊戯』

コメント

タイトルとURLをコピーしました